2018年06月16日

【クライシスビート】フィクションの豪華客船内はいつもクライシス・後編

http://shinobulyude1234.seesaa.net/article/460012817.html

前編・詳しい遊び方はこちら↑


では、PS1ソフトの3Dアクションゲーム、クライシスビート日記後編。
豪華客船をテロ集団に乗っ取られた中、エイジ・ガーランド(CV・檜山修之)、ジュリア・ジェファーソン(通称JJ)(CV・弥永和子)、ケネス・キーロウ(CV・速水奨)、ヤン・ハイント・フェイスウ(CV半場友恵)の計算外な4名が、テロ集団の壊滅のために戦う。

全7ステージ中、3ステージをクリア。
船の中庭からステージ4へ。


・ステージ4


_20180615_173749.JPG


船のショッピングルームがスタート。
また、ステージの最初には、回復アイテムがおいてある傾向にあり(オブジェを壊すと出現)
そこには、スーパーモデル・ジュリアの写真も!
そのジュリアのショールームに敵をぶつける感じで叩くと、1UPアイテムが入る。


ステージ4は、ショールーム→カジノ→操縦室へと辿る。


_20180615_175856.JPG


ボスはいよいよテロの幹部クラスが相手となる。
加え、ここのボス戦は、際限なくザコも降ってわいてくる。
ボス自体は、隙も多く、そこまで強くなかったが・・・。


・ステージ5


雑魚と戦うエリアは、薄暗く、やや広い倉庫のようなエリア1つだけ。
そこの雑魚を殲滅すると、2階に上がりボス戦。



_20180615_175936.JPG


ロボットのようなボス。
攻撃方法は、主に手りゅう弾を投げる。
ある程度手りゅう弾の投げ方には法則あり。
あと、ステージにあるドラム缶を使って(ジュリアの場合は)ヒップアタックもできるはず。
ただ、ドラム缶はロボットの手榴弾で早々破壊されるので、結構高等テクニックが必要かも。


・ステージ6


_20180615_180016.JPG


相変わらず、薄暗いエリア、機関室というところか。
最初のエリアは、敵を柵にぶつける感じで叩くと、落下して、1発でリングアウトさせられる。

機関室2F→1F→ボス戦


と辿り


_20180615_180057.JPG


ミリーを攫った幹部との戦い。
ここまでくると、ボス敵の体力も高い。
(ちなみに、主人公サイドに成長要素はありません。)

今回の敵、自体も今まで通りの戦いで行けば、問題なく叩けるはず・・・。
ちなみに、


DSC_7108.jpg


DSC_7111.jpg


むやみに近づくと、ベアハッグで腰を締められ大ダメージ受けます。


倒した後、ジュリアの友達・ミリー救出。


・ステージ7(最終ステージ)


_20180615_180608.JPG



ステージ5以降、同じような光景が続く。
最終ステージ、通常エリアは、1つだけ。
戦闘員を殲滅すると、ボス戦を3連戦。


_20180615_180700.JPG


まず、この大男、高速タックルが得意。


そのあと、ラスボス戦。(2段階あり)
最初の形態はなんと、剣を持っています。
特に体力がなくなると、剣を振りまわしだします。
さらにこの敵、近づくと、体を一突きします。
思いっきりプレイヤーキャラの体を剣が貫通します。(写真用意し損ねました・・・)


DSC_7150.jpg


そして、倒すと・・・いよいよ最終段階に。
剣こそないですが、派手な格闘技、コンボ技を繰り出すようになる。
あと、この敵に限って叩いていると、カウンター投げをします。

これといった攻略法は・・・わかりません、ここまできたら夢中で叩きまくるのみ!

あと、なぜかラスボス戦の音楽は、ステージ1の2つ目のエリアの音楽が使われてます!


そして・・・



DSC_7161.jpg


敵が自爆し、なんやかんやで乗客が救出され、計算外な4人も計算通りに生存!
スタッフロール、声優等の情報が流れ、無事エンディングを迎えました。


尚、エイジ&ジュリア、ケネス&フェイスウ、の2ルート(といっても、変わるのは、ステージ1のみ)で特定難易度でクリアすると、フリーモードが解禁されるとか。
フェイスウで、エイジ&ジュリアルート攻略できるとか。



・まとめ?



なんといっても手軽で楽しめるゲームだと思います。
クオリティは、すごく高いわけでもないです。
でも、なぜか、周期的にやっちゃうんですよね、これ。
単に楽しむだけなら、映画のような画像、先鋭的なシステムが大事ということじゃないかもしれないですね。

にしても、人はなぜ、豪華客船がテロ組織に襲われる作品を作りたがるのか。
あるいは、豪華客船が沈むシーンに涙するのか。
実際、豪華客船が丸ごとテロ組織に襲撃されるケースってまずないような・・・
オアシスオブザシーズ、とまではいかずも、テロ襲撃がありえない、イージス艦には乗ってみたいと、勝手に思うのでありました。
posted by サフィア at 22:51| Comment(2) | ゲーム日記ダイジェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

【クライシスビート】フィクションの豪華客船内はいつもクライシス・前編

タイトル・クライシスビート
発売年・1999
機種・PS1(プレイステーション1)
ジャンル・アクション
メーカー・バンダイ(現バンダイナムコ)



_20180615_175751.JPG


久々にダイジェスト日記で書きます。(ただ、今回は全編後編で)
今回やるのは、クライシスビートというPS1のゲーム。
はい、ブログ移転の度に記事にしてる、3Dポリゴン型格闘アクションゲームですね。
ただ、プレイ模様や内容を詳しく書くのは初めてですかね。

「豪華客船、プリンセスオブザフィアリス。
4000人もの乗客を乗せロンドンからニューヨークへ出向した時。
大海原にて、謎のテロリストにジャックされた。
テロリストの戦略は、完璧に進んだかと思われた。

しかし、そこには、計算外の4人がいた!


にしても、人はなぜ、豪華客船がテロリストに襲撃される作品を作りたがるのか。


プレイヤーキャラは、4人。


・エイジ・ガーランド   (声優・檜山修之)


国籍・アメリカ
年齢・24歳
職業・ニューヨーク市警刑事
スタイル・シュートボクシング      


・ジュリア・ジェファーソン(通称J・J)  (声優・弥永和子)


国籍・ベルギー
年齢・23歳
職業・スーパーモデル
スタイル・レスリング


・ケネス・キーロウ   (声優・速水奨)


国籍・ロシア
年齢・29歳
職業・エージェントスパイ
スタイル・双槍脚拳




・ヤン・ハイント・フェイスウ (声優・半場友恵)



国籍・イギリス
年齢・18歳
職業・大学生
スタイル・棒術


以上4名。


_20180615_173112.JPG


今回は、ジュリア・ジェファーソンで攻略します。
1Pプレイに加え、2Pプレイも可能。


( ・A・)<「で、今回は、何人でプレイするの?」


ALONE・・・(質問にビーズの歌で答えるアレ)


尚、ステージ1は、エイジ&ジュリア、ケネス&フェイスウが2組に分かれて行動。
2Pプレイでは、エイジ&ジュリア、あるいはケネス&フェイスウのどちらかの組み合わせでプレイすることになります。



・ステージ1


一応、全ステージは7つ。
最初のステージのみ、選んだキャラによって、2つに分かれる。


DSC_7164.jpg


左がジュリア、右の小さな女の子は、友達というミリー。
だがこの後、ミリーがテロ集団に攫われてしまいます。



_20180615_164625.JPG


プレイ画面。
体力ゲージに残機2。
尚、オプションの難易度選択によって無限コンテニューなので、今回はそのモード選んで只管進む。
複雑な操作は無く、パンチ&キックボタンの簡単な組み合わせで技が出せる。(それも敬4つほどで)
また、ステージ上の机、いすを蹴り上げて、敵にぶつけることもできる。

また敵を、そのイスや机等をすぐ後ろにした状態で攻撃すると・・・


_20180615_175514.JPG


_20180615_175536.JPG




こんな感じで、JJの場合ヒップアタックといった大技を繰り出すのだ。




敵を倒すと、GOの矢印が表示されるなどして、次のエリアへ。
また、イス、植木鉢の中には、壊すと回復アイテムが出現することも。


ステージ1は(エイジ&ジュリア編の場合)。


船の外観→船内部→エレベーター前→中庭→中庭→机&イス並ぶデッキ→デッキから天井のガラスを破り、ボス部屋に突入。


と展開される。


そして、ボス部屋のザコ敵を全滅させると、ボス戦が行われる。


_20180615_222925.JPG


ステージ1のボス戦、刃物をもっている。
ヒットアンドアウェイを基本に倒していく。
下手に近づくと・・・


_20180615_173339.JPG


こんな風に、後ろから肩に乗られ、喉を刃で攻撃される・・・。(ちなみに今作はスプラッター表現は無い。)



そして、ボスの体力を0にして、ステージクリア。


・ステージ2


DSC_9983.jpg


_20180615_173542.JPG


ステージ1のボス討伐後、2組が合流する。(尚、操作するキャラは、ゲームスタートから変更不可)

ステージ2は、

階段前の広間→せまいエレベーター内→グランドピアノがおかれる大広間



と進み・・・ボス戦


_20180615_173612.JPG


今回は、3体一気に戦うことに・・・。
個人的に序盤の山場。(しかも、机、イス等もない)

それでもなんとか倒し、ステージ2クリア。

エレベーターは封鎖。


・ステージ3


中庭を、その都度敵を倒しながら一直線に進む。
途中には橋もあり、狭いエリアで戦うことに。


_20180615_173701.JPG


ステージ3のボス。
今回は、(個人的には)比較的簡単なボス。
ジャンプして空中にて前回転するときは、只管動き回れば、そこからのキックに当たる確率は低くなるはず。
あとは、ヒット&アウェイで倒す。


ステージ4以降は、プレイ日記後編にて。
posted by サフィア at 22:47| Comment(2) | ゲーム日記ダイジェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

「ゼルダの伝説1」は伝説のA・ADV (ゲームレビュー記事)

_20180323_220230.JPG




レビュー通算7作目。
例によって、3DSバーチャルコンソールでのプレイとなりました。
残念ながら、ディスクシステムは持ってません。



タイトル・ゼルダの伝説
発売年・1986
機種・FCディスク等
ジャンル・アクションアドベンチャー
メーカー・任天堂




・ゼルダでなく、リンクが旅立つストーリー






緑色の服に身を包んだ少年リンクは、ガノンに囚われたゼルダ姫を救う旅に出た。
左手に剣を携えて。
ガノン討伐のため、対抗する力を得るため、8つのダンジョンに隠されたトライフォースを探す。






・ディスクシステム内にアクションアドベンチャー


_20180323_220400.JPG


「ナンカコウテクレヤ」




ライフ制のアクションアドベンチャー。
マップの端に行くと、隣のマップにスクロールし、世界が開けてくる。
そんな俯瞰視点のマップに、広大なるマップに点在する8つ+αのダンジョンが点在。
マップにはダンジョンの他、お金(ルピー)を払ってアイテムを得るお店、ライフを全回復できる妖精の泉。
と、わくわくさせるギミックがマップに散りばめられている。



・ディスクシステム内のダンジョン

_20180323_220445.JPG


「ブツブツブツ」



ダンジョン内も、フィールド画面と同様のスクロールで展開される。
ダンジョン内のみ登場する敵がリンクを襲う。
そんなダンジョンには、重要アイテムが概ねひとつ隠さている。
向こう岸に渡れる梯子、敵を止めるブーメラン、炎で木を燃やして、隠しエリアを発見できるマジックロッド・・・。
アイテムを探すにつれ、広大なマップの行動範囲も広がり、冒険心もくすぐる。
ダンジョンの最深部にはボスも登場。
そのボスに有効な武器はたいていそのダンジョンのどこかで手に入る武器という心憎い仕掛け。







・ディスクシステムの伝説






ファミリーコンピュータの拡張的なハードとして登場したディスクシステム。
トップバッターのソフトとして登場したのが、1986年当時としては、質量とも強大なゲームソフトだった。
ファミコンのおまけ、アクセサリー的存在でなく、大容量のパソコン相手にも引けを取らないボリュームを携えて。

そんななかで、ガノンの討伐を果たして、数十年。
今や、リンクがガノンに倒された、ガノンを討伐した等の、多くの時系列が動脈のように絡み合うオデッセイと化した。
流れる血が熱くなる程に、仕掛けに一喜一憂できる、そんな伝説のダンジョンがそこにある。
posted by サフィア at 07:04| Comment(0) | ゲーム日記ダイジェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

「ロックマン」 その1(ゲームレビュー記事)

ロボットが活躍する作品って、少年心にささりますよね。
兵器をぶっ放して悪を東京都ごとぶっ飛ばすロボットは、算数ドリルの大量の掛け算に疲れた子供のストレス解消の場です。

そんなロボットが悪に立ち向かうアクションゲームのシリーズ1作目。



タイトル・ロックマン
発売年・1987
機種・FC、PS等
ジャンル・アクション
メーカー・カプコン



・おきまりなストーリー


_20180323_214347.JPG


心の声・(この先のシリーズは大体そうなのだけど)。
DrライトのライバルだったDrワイリーが世界制服のため、自作のロボットを各エリアに配置し、大暴れ。
ライトは、家庭用お手伝いロボットだったロックを戦闘用に改造し、ワイリーの悪だくみの阻止を図る。
いけ、ロックマン!


・システム


_20180323_214421.JPG


ライフ制横スクロールアクションだったが、月並みな作品に収まらない。
攻略するステージを6つから選び、そのエリアのボスを倒すとエリアクリア。
ステージは氷の山、火柱たつ工場、岩石むき出しの鉱山等と、視覚だけでもバラエティ豊かだと判断できるもの。

そして、ボスを倒すと、ボスの武器を使うことが出来る
普段は直線状に進むロックバスターのみ。
だけど、カットマンを倒せば、ブーメランのように弧を描くカットブーメラン。
ボンバーマンを倒せば、爆弾を投げることが出来る。(それぞれ武器エネルギーの消費あり)
そのボスの武器が他のボスに有効なこともあり、攻略に幅を持たせてくれる。
6ステージすべてクリアすると、ワイリーの本拠地(通称・実家)に突入。
そのステージ(合計5ステージ)をすべてクリアできればオールクリアとなる。


・あの頃に思い浮かべた未来


_20180323_214439.JPG


このシリーズは、パッケージこそ親しみやすいコミカルタッチ。
ただし、難易度は高いと呼ばれている。
狭い足場を渡るシーンが多く、ライフ制ながら落ちたらアウトの場面も多い。
なかでも、ワイリーステージ1のボス、イエローデビルの難しさは語り草となっているほど。
一方で、後のシリーズに定着するE缶(ライフ全回復)、ラッシュという愛犬(大ジャンプ、ジェットで空中移動等)がまだいなかったこともあり、不便ななかで戦うことになった。
そして、最終ステージはボスラッシュ、そのトリはワイリーが操縦する巨大ロボ。
敵の攻撃をよけることに腐心し続けることになる。


ロボットアニメは、ドンパチの派手さより、開発・操縦する人間ドラマを重視した作品が増えた。
ロックマンシリーズもまた、友情、ロボットの複雑な事情を描く作品となっていった。
生き物たちの複雑な事情を抱えつつも、ゲームやロボットは進化を遂げるのだ。


_20180323_214507.JPG

posted by サフィア at 23:19| Comment(0) | ゲーム日記ダイジェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

「マグナブラバン・遍歴の勇者」の遍歴(ゲームレビュー記事)

5回目のレビュー記事です。
取り上げるのは、SFCのかなりマイナーなRPGです。
マグナブラバン・遍歴の勇者。

出色な導入部分と、特殊な戦闘と、結構印象に残ってます。

しかし、「マグナブラバン」ってどういう意味なんだろ。


DSC_5708.jpg

タイトル・マグナブラバン・遍歴の勇者
発売年・1994 
機種・SFC
ジャンル・RPG
メーカー・開発・レナール、発売・アスク講談社






・普通の少年が騎士になってしまうストーリー


DSC_5720.jpg


羊飼いの少年・アレクスは、魔物に襲われかけたところを騎士に助けられたことがあった。
ある日、アレクスは親の反対を押し切って闘技大会に出場して騎士になろうと画策、そして実行。
家近くの闘技場に選手として参加。
しかし、一回戦でフルボッコされてしまう。
失意のアレクスは、同じく一回戦で敗退した屈強な戦士・ゲッツ、魔法使いの娘・ジーナと共にやけ酒ならぬ、やけミドを敢行(アレクスはミド飲めないらしいが)
と、そこに闘技場襲来の一報が。


3人が駆けつけると、すでに闘技場は壊滅。
すると、闘技場にたまたまいた3人は、無傷で魔物を撃退したと勘違され。
王に騎士に任命されてしまったのだ。

3人はその後、騎士として旅に出るのだが…。

アイテムの頼みを、ズルして達成したことにする。
しかし、仲間との衝突。
そして、普通の少年が命を懸けて戦うわけ。
どこまでも素朴な青春劇が、騎士に助けられたことをきっかけに、歩みを始める。




・ズルいキャラ、真面目なキャラ



そんなゲームのパーティキャラは、やはりユニーク、しかし、意外に硬派なキャラもいたり。
上記3名の他、ギャル風の神官・シャロン、エルフのリリアナ、武道家のリー、王女の剣士・アン。
そして、問題の勇者ロトト。
ある勇者の真似をしてるらしい…。


尚、最終ダンジョン突入前に6人以上の仲間キャラから、アレクス含む5人を選ぶ必要がある。

その際、選んだキャラがラスボスに大げさに名乗りを上げる。
そんなシーンは、くすっとくる。



・メニュー画面でタンマをかけられる戦闘システム


DSC_5728.jpg


左ななめ上に向かうクォータービューの画面を、最大5人のパーティで闘う。
ただ、キャラはいずれもセミオートで行動
そのセミオートの行動を予め決められた作戦通りに動く。



つまり、弱い敵相手なら、プレイヤーは何もしなくても羊飼いの少年たちが攻略してくれる。
が、毎回そういかない。
しかし、このゲームでは・・・。


なんと、戦闘中に戦闘を中断してメニュー画面を開くことができるのだ。
戦闘中に回復アイテムや回復魔法で回復ができてしまう。(アイテム所持制限はそれなりにあるが。)
他、作戦変更なども可能。



DSC_5727.jpg




・それぞれの遍歴



サッカー漫画を読んで世界的なサッカー選手になった人もいれば、アイドルになりたいと思った結果、声優になった人もいる。
志望動機をきけば、その道のプロは顔をしかめるのだけど。

普通の羊飼い(と言っても戦闘になると結構強いのだけどね)が、手の届かない地位をひょんなことから手にしてしまう。
ズルしたって、真面目な人だって、生きてはいける。
しかし、そんな彼らがそれでも戦う素朴な訳があった、いや、見いだせた。
バロンドールを取るストライカーでも無い、日本武道館やドーム球場を満杯にするスターでもない、等身大に思いをぶつける奴らのカッコよさを、仲間と共に難局を攻略する姿を、クォータービューで眺めようじゃないか。


posted by サフィア at 22:45| Comment(0) | ゲーム日記ダイジェスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする