【蒼の彼方のフォーリズム】の彼方まで攻略する。たぶん。 その2

・一言

豪雨の被害にあわれた方々に、一日も早い日常への復帰を願います。
東日本にいる自分ができることは、現在は募金でしょうか。
むやみに物は送れません。(食べ物はすぐ腐敗、折り鶴は現実的に邪魔になるだけ)



・あおかな


PS4版、蒼の彼方のフォーリズム、通称【あおかな】プレイ日記2回目。
今回もプレイ写真の掲載はありません。


_20180706_215159.JPG


今回は、第2話から第4話まで。
久奈浜学院2年生・日向晶也が、フライングサーカス部にコーチ役で入部し、部員が増え、正式に部活動として認可。
いよいよ部活動が始まるところから第2話へ。

プレイ日記は、大雑把です。
あおかなを、彼方から彼方まで楽しむのであれば、お札を握ってゲームショップに行っていただきたいと思います。



・第2話 空の上のサーカス


日向晶也、実況パワードリフトプロ野球、というゲームが好きな有坂真白、転校生・倉科明日香、クラスメイトの鳶沢みさき、屈強な男・紫苑、その妹でマネージャーの窓果。
以上がフライングサーカス部員。
部になったものの、部室が都合により空いてない。
そこで、近くの廃バスを部室として利用することに。
そして、部員皆でスポーツショップへ。
フライングサーカス用のコスチューム、靴を購入しに行った。
夜には、例によって、晶也と隣の家の市ノ瀬莉佳とのやりとりも。
準備が整うと、ゴールデンウィークには、名門校との合同合宿を行うこととなった。


・第3話 好敵手(ライバル)たち


その名門校とは、高藤学園、フライングサーカスの名門校。
そして、1話で出会った佐藤院麗子(本名・佐藤麗子)も在籍する。
空飛ぶ靴【グラシェ】で高藤学園へ行く久奈浜メンバー。
高藤学園の部員が迎えるが、その中には、市ノ瀬莉佳の姿もあった。
そして、部長は真藤一成、晶也と因縁もありそうだ。
数日間寝食共にする久奈浜学院と高藤学園の部員たち、食事は同じテーブルを囲んだり。
最後は、練習試合を行い、終了。
さすがに、高藤は強かった。


・第4話 わたしだって、戦いたい


まず、3、4話の間に謎の少女2人が来日するイベントが挿入される。
そして、第4話へ。


晶也がみさきと訪れた、有坂真白の家は、四島うどんの店。
うどん店の奥には真白の部屋が。
そんな真白が足を怪我する。
真白が好きなゲームはモンスターイーター、通称モンタッタ。
もっといい名称無いのか・・・と思いつつ、ひょんなことからモンタッタを始める、晶也。
しかし、晶也にゲームの経験はほぼ0。
そこから練習を積み、上達していった晶也。
FC部ではコーチ役の晶也と選手の真白とは、ゲームでは逆の立場。
モンタッタから思わぬ収穫を得た晶也、その上達を見た真白・・・。
真白はFCのスタイルの変更を決意し、けがの完治後、練習に打ち込む。



続きは、WEBで(ほぼ死語か)


この記事へのコメント