ゲームは、体を成していれば、やっていけないことは何も無い。(と勝手に思う)

PS4版ゲイムネプテューヌは、絶賛四苦八苦中。
だんだんボス戦が長期戦化してきた・・・のは、自分のプレイスタイルに問題があるのかどうか・・・。

と、今回は、自分が常々考えていたことを書こうかと。



・ゲームレビュー



旧ブログ(FC2 サフィア イン ワンダーランド)から散々やってきました。
ときには傲岸不遜なことも言ってきましたが、ある時期を境にスタンスの変化、価値観の変化がありました。
その価値観は、今、さらに強固なものとなってます。
そういうこともあって、レビュー活動?は、いつの間にかフェードアウトしたのですね。
その数、275作品・・・よくやった、数だけは・・・。
ただ、おそらくですが、190作品目あたりから徐々にその価値観の変化は現れたかもしれません。
美点を上げ欠点を指摘する・・・ではなく、そのゲームを自分なりに紹介するというスタンスになってたと思います。



ゲームメーカーにとって、ゲームとは・・・、商品・作品として体をなしていれば、「やっていけないことは無い」のかなって思うようになってます。


ゲーム会社にとってゲームを 大事なことは、ゲームという商品で利益を出すこと。

ユーザーこうしたほうがいい、との意見だってある。
ただ、実際にやったとして、利益があがるか、答えはノー。
全国のプレイヤーに発売している中で、たかだか1ユーザーの意見にいちいち受け入れたらきりがない。
相反する意見も同時に届く。
中には、○○を殺して、自分が考えた××を登場させてほしい、という、とんでもはっぷんな要望も問い合わせBOXに埋もれているとか。

ならば、我々は、メーカーを信じるのみ。

確かに、自分、個人としては、馴染めない、楽しみを見いだせない作品だった。
しかし、その裏では、多くの人が楽しんでる、笑顔になっている。
それでいいじゃないか。

それに、過去の作品に難癖つけたりしてもしょうがない。


(むろん、自分も人間だし思うことはある、けど、メーカーにあれこれ要望することはむやみにしない。)

ちなみに・・・


そういう意味では、誤字、脱字の修正依頼ならOKだと考えてます。
説明書と効果が違う、問題の嘘問報告しかり。

オラなんてな、QMA大会、ゲームセンター等で何回「サフィア(さん)」を「サファイア(さん)」と間違えられたかな!




・「ビーナスイレブン  びびっど」


_20180623_224258.JPG


いまさらながら、タイトル画面が変わりました。
どや顔の相崎るみ、いつの間にかいい位置にいる上下上下上(かみかがみかがみ)、正GKは茶倉こひめ、のようだ。


近く、我が手に、びびびの本が届く予定。


ユーザーID 1313080


この記事へのコメント