2018年07月04日

ゲーム業界を駆け巡る【超次次元ゲイム ネプテューヌRe;Birth1+】というRPG作品 その6 (最終回あまりネタバレ無)

【サッカーW杯】

決勝トーナメント進出もベルギーに敗退。
ベスト16で終了でした。
これが今の日本サッカーの実力ということで。


今の状況で、よくベスト16に行けたなあ、と、またしてもベスト16に終わったんだなあ、との思いが交錯。

選手の皆様、お疲れさまでした。
スタッフの皆様、お疲れさまでした。
監督、コーチ、お疲れさまでした。
(マナーを守った)サッカーファンの皆様、お疲れさまでした。

現会長はお疲れさまでした、の意味で、辞任を。


【ネプ】


今回で最後となります。

黒幕・マジェコンヌのいる天界への道が無い。

いや、あった。(早い

そうして、ネプテューヌ、ブラン、ベール、ノワールの4女神たち。
仲間のコンパ、アイエフ。
MAGES.ブロッコリーなどのサブキャラ達。


_20180704_211224.JPG


天界への道、今作最終ダンジョンです。
虹の架け橋が印象深いですが、長くはなく、ザコ敵もそこまで強くないです。


そして最深部。

マジェコンヌが待っていた。

マジェコンヌと1戦。
しかし、当然この1戦だけで終わらない。

そして、2戦目。


_20180704_211237.JPG


通常攻撃だけ、かと思いきや、強力な全体攻撃(+状態、ステータスダウン追加効果)を連続で放つ。


_20180704_212133.JPG


果たして、天界は・・・ゲイムギョウカイは・・・マジェコンヌは・・・

そしてネプテューヌの運命は・・・


と、今回の日記はここで終わりとなります。




どうなるかは、プレイしてお確かめいただければと・・・。



【まとめ】


プレイ時間は25時間ほどでしょうか。
クリアレベルは73ほど。
チャプター8突入後、サブダンジョン等でレベルアップを繰り返しました。
まだまだやりこみ要素ありそうですが、(ネプギア誕生とは)ここで一区切り、次のゲーム日記に移行します。

ゲームのストーリーよりは、キャラで魅せるゲームでしょうか。
というか、プレイヤーキャラは、おそらく全員女性です。
4女神(ネプテューヌ、ノワール、ベール、ブラン)、2人の少女(アイエフ、コンパ)、そして、他のゲーム会社のキャラをモチーフにした多くのサブキャラ達。
そして、やたら胸を強調する4女神。
加え、ゲーム廃人のベール、普段物静かなのに、怒るとキャラ豹変するブランと、変人でもある。
サブキャラを使う機会はほぼなかったですね・・・。やっぱタイトル画面に映るアイエフ(技が強力)、コンパ(回復キャラ)を使ってしまう。


1度に戦闘に出せるキャラは、MAX3名、あるいは6名。
1キャラに前衛後衛を組み合わせ、ピンチ時等で交代させる。
つまり、前衛3人、後衛3人、戦うのは前衛3人でその前衛が3人とも倒れたらゲームオーバー。
前衛後衛とも女神なら、強力なEXE技を出すこともできる。(とはいえ、普通にクリアするな、1キャラ単独で出せるEXE技で十分かも)
ただ、仕様書で出せるコロシアムでは推定レベル999というとんでもないボスも現れたり。(むろん必須ではない)
敵は、HPの他、GP(ガードポイント)が設けられ、GPを崩せば一定時間防御力が大きく下がり、ボス戦等では、そのすきをいかに狙うかがポイント。
また、通常の敵がいきなり汚染モンスターに変身して強力化することも(しかも全回復する)

キーとなるのは、序盤のブラックハート戦(しかも連戦の2戦目)、レベル12でHPアップアクセサリーを買ってから挑めば楽に。
というか、それを含めて脈絡もなく連戦を強いられる場面が多いのは辛し。
後半は、HP自動回復のボス敵も多くなり、EXE技が頼りになる。
後半になれば、EXEゲージもたまりやすくなってくる。(仕様書、コンボ攻撃などで)


なかなか面白い仕様書システム。
フィールドなどに落ちている、モンスタードロップ等で貰う仕様書に、特定アイテムを集めその仕様書に使うと、ダンジョン発生、アイテム発売等が行われる。
また、強敵出現、アイテム変化もあり、ダンジョン内に経験値が稼げる、レアアイテムを落とす強敵も登場する。

一方、ダンジョンがマップの使いまわし多く、脈絡ない連戦も多く、RPG根幹部分、ユーザーライク部分は荒いかも。
ストーリーも、わりとありがち気味な展開か、キャラの濃さが頼みの綱。
独特な世界観を楽しむに特化するのが、今作の有効な楽しみ方かも。
随所にパロディ満載。
加え、中二病、ゲーム廃人、ラノベオタク・・・。
数十年蓄積されたゲーム業界知識と、2010年代のコンテンツ業界の世相を、コンパイルハート達がゲイムギョウカイにぶちまけたようなRPGでありました。



因みに・・・




今作はエンディングは2つ。
マップ画面で表示されるシェアがポイントとなる。(てか、ラスボス戦でいきなり出てきたシェアシステム)。
サブクエスト、コロシアム等でコントロール可能。

このトゥルーエンドから、続編へとつながっていくのでしょうか。

機会があれば、続編もやるかもしれません。
また、ゲーム業界を騒がすゲームをやりたいと思っております。


_20180704_211432.JPG
posted by サフィア at 22:52| Comment(0) | ゲーム日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする